« May 2016   |    トップページ    |   November 2016 »


娯楽産業は「やりたい仕事」じゃなくちゃいけない

20代の頃は、芸人っていうもっとも激しい競争社会と、
社員がほとんど顔を出さないカラオケ店のアルバイトっていう
とにかく楽な仕事の、かなり両極端な環境で働いていた。

自分がやりたいと思ってやっている仕事ではどんなに小さいことでも
結果を残せることが嬉しくて自分から率先して頑張ったし、
お金のためと割り切っている仕事ではいかに楽をして
少しでも多くのお金をもらえるかしか考えなかった。

★★ 続きを読む>> "娯楽産業は「やりたい仕事」じゃなくちゃいけない" ★★

October 29, 2016 | 固定リンク | コメント (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク