Amazon Alexaで複数のタイマーを作る方法

勝間和代さんが「Google Homeで複数のタイマーを作る方法」という記事を書いていたので、それのアレクサ版です。
と言っても、やり方はほとんど同じ。

僕「アレクサ、タイマーを3分セットして」
アレクサ「3分のタイマーをセットします」

僕「アレクサ、タイマーを20分セットして」
アレクサ「2番目、20分のタイマーを開始します」

僕「アレクサ、あと何分?」
アレクサ「現在2件のタイマーがセットされています。3分のタイマー、残り約30秒。20分のタイマー、残り約19分40秒」

アレクサ「ヒーヒョロ、ヒーヒョロ(タイマーが鳴った音。敢えて文字にするとこんな感じ)
僕「アレクサ、ストップ」

アレクサがルー語っぽいの話してくる

最近、我が家ではechoでアレクサを結構使っています。
主に音楽かけるか、タイマーセットするか、天気やニュースを聞くか。

Alexa2017121201

「すごい便利!」というほどではないけど、別のことで手を動かしながら、言うだけで色々やってくれるのは、なかなかありがたいです。

で、今日、はじめて商品を注文してみたのです。
定期購入しているものは、なくなってきたらアレクサに言えばいい、っていうのはすごい未来っぽいと思って。

頼んだのはウィルキンソン炭酸24本入り
ここの強炭酸水にレモン汁をたくさん入れて飲むことは、僕にとって、ほとんどお酒と同じくらいのリラックス効果があります。だから酒代わりに毎日飲んでいるので、箱買いがお得なのです。

注文の流れはこんな感じでした。

「アレクサ、ウィルキンソンを注文して」
「注文履歴から、アサヒ飲料 ウィルキンソン500ml 24本入りが見つかりました。注文しますか?」
「はい」

ここまでは極めてスムーズだったのですが。
そのあとの一言で、僕はつい目をechoに向けてしまいました。

「注文が完了しました。お届け予定日はトゥモローです」

echoの円筒形のシルエットに、ルー大柴の顔が重なります。
なぜ「明日」だけ英語? しかもカタカナ発音?

せめてむっちゃ発音良ければ、「ああ、ここはまだ日本語対応していないんだな」で済んだなのに、中途半端に日本語に寄ってるせいで、今でも耳にこびりついて離れません。

他にもルー語なところってあるのでしょうか? アレクサとの会話、まだまだ楽しめそうです。

積みプラを組み立てるのも大掃除です

風邪ひいてダルいのですが、年末ですので、大掃除をしなくてはいけません。
と、言うわけで、プラモデルを組み立てています。

Mechatrowego20171230

嘘みたいですが、立派な大掃除です。だと思います。

ほら、その場のテンションだけで買っちゃうときってあるじゃないですか? 特に「可愛い!」のとき。
この子はそんな風にして、数年前に我が家に来たプラモデルです。

児童用メカトロボット メカトロウィーゴ』といって、カラフルで丸まっこいんです。設定も「通学用」とか、平和です。デザインとイラストも『日常』のあらゐけいいちさんです。
パッケージもほら、こんなにめっさ可愛い。

免許更新の講習に面白みを見い出す

免許証を更新するために、短い講習を受けていたときのこと。

講師の方は一所懸命話しているのだけど、申し訳ないが、とてつもなく眠くなってきました。
眠気の我慢なんて段階はとうに過ぎ、もはやまぶたの筋肉との戦い。
必死で目を開け、ぼんやりとしてくる頭を振ります。ダメだ、起きてなきゃ……と奮闘しているとき、ふと、講師の人が、こんな話をしたのです。

「みなさん、曲がるとき、ぜひ、路面を確認する癖をつけてください。なぜか? 曲がった先で、人が寝ていることがあるからです。

みなさん、まさか道路に人が寝てるなんて思わないでしょ?

『TYPE-MOONの軌跡』読んだ感想

最近FGOにハマっているので、同時並行で、源流もさかのぼっています。具体的にはTYPE-MOONのこれまでの作品群(Fate/stay nightとか)や、名作といわれるノベルゲーム(シュタゲとかひぐらしとか)ですね。

その一環で、これを読みました。

TYPE-MOONの軌跡』は、TYPE-MOONのはじまりから、FGOに至るまでをまとめた本です。奈須きのこさんや武内崇さんが、何を考え、何にチャレンジしてきたか、今まで発表されてきた作品にはどういう特徴があるか、といったことが書かれています。
以下、感想。

「次の2行が楽しみ」。セリフが最高なゲームそれがFGO

夏くらいからハマっていたFGOですが、先日めでたく人理修復を達成いたしました。
人類の滅亡を防ぐことができて、ほんと良かったです。これもサポートしてくださったみなさまのおかげ。本当にありがとうございました。

Fgo20171203

のんびりと少しずつやっていたので、だいぶ時間がかかってしまいました。
でも、最高&最高でした。

以下、長い感想です。ネタバレはナシ。

黄色いものが光ると神々しく見える。たとえばぐでたま。

サンリオピューロランドに行ったら、ぐでたまが光っていまして。

Gudetama20171203

甘いもので贅沢してみた

今後の人生について考えるために、たまにはタリーズ以外のところに行く必要があるのではないかと思い、銀座に来ました。

結局落ち着いたのは、無印良品のカフェ「Café&MealMUJI有楽町」。
常識にとらわれず、食べたいものを食べたいように食べようと自らを開放した結果、こんなメニューになりました。

Muzi20171128

過程なはずが目的になる【タリーズ事件簿】

タリーズで仕事をしていたら、隣の女子大生2人組のうちの1人が、

「わたし、趣味って別にないんだよねぇ。敢えていうと、タピオカ作ることくらい?」

と言っていて、話し相手も「えー! なにそれ!?」と言っていたが、隣の僕も心の中で「えー! なにそれ!?」となっていた。

タピオカを作ることとの何が、僕をそんなに驚かせたのだろうか?
おそらくタピオカは「過程」だからだ。

何かを作る際、たとえばタピオカ入りココナッツミルクとかを作る途中で、タピオカを作る(というか戻す)作業が入るだろう。

家族に大好評の「だしがらの佃煮」のレシピ

5〜6回に渡る試行錯誤の末、「だしがらの佃煮」の作り方を大体fixさせましたので、自分へのメモも込めて、ここに書き記しておきたいと思います。

Tsukudani20171119