この小説恥ずかしすぎてすごい

全身がムズ痒くなった。中二病といえばそうなんだけど、もっと大きな何かの臨界点超えてる。

クラスメートA「やべぇなボーカル風邪で休みだってよ」俺「……」

すげえなあ。こういう方向もありなのか…

筋子からのイクラ醤油漬けはコスパ良すぎたし作り方も余裕しゃくしゃくだった

この季節恒例の「筋子からいくら醤油漬け」、今年も作りました。
子供が異常なまでにイクラ好きなので、あんまり食べるといろいろ体に良くなさそうだけど、年一回くらいならいっか、と……


作り方のベースは、こちらを参考にしました。

僕はどのようにしてカリスマ美容師のデジイチを救ったか

先週末、原宿の某美容院で本を読んでいたときのこと。
その店ではトップと言われている美容師が、髪を切りながら、こう言った。

「オシャレな本ですね? 写真集ですか?」

どうやら表紙をチラ見したらしい。

僕はいったいどこから説明したらいいものかと悩みながら、本を閉じてまずは、こう言ってみた。

「いや、これ、写真加工のハウツー本なんです」

2歳児が折り紙で抽象的なシンデレラを作った

娘2歳が「しんでれら!」と、目を誇りに輝かせて、折り紙を見せてくれました。

サンマの骨をキレイに取る方法

秋の美食といえば、やはりサンマでございますが。

今週のスピリッツの「忘却のサチコ」(阿部潤 )に出てた「サンマの骨をキレイに取る方法」やってみたら、ほんとうにこんな感じで綺麗にサンマを食べれてビビりました。


やり方は以下の通り。

モンハン4Gのポスターが卑怯すぎる

まさかこんな羽生結弦のジャンプの使い方してくるとは…

回転寿司屋で回っているもの

回転寿司屋に来ているのだが、

「痩せる習慣」のやつ全部やってるけど痩せない

一度4ヶ月で16kgほど体重を落とした後、完全に人生が切り替わるような体験があり(まあ子どもができたってことなのですが)、それ以来順調に、きっかり毎年2kgずつ増えています。怖い。

そんな折、たまたま、ダイエットに関する2つの記事を見たのですが……ほとんど全部、もう何年もやっていることでして、絶望感に駆られました。
詳細としてはこんな感じです↓

「私が見聞きした現実」という言葉の不思議さ

バス停で、バスにも乗らず、おじさんが延々と大声で愚痴ってる。ここは霞が関。


「私のっ! 見聞きしたっ! 現実はっ!」

私の見聞きした現実?

俺のフレンチTOKYOの「トレタ」でのWeb予約が簡単すぎて快楽に近かった

10月末に「俺のフレンチ TOKYO」っていう、名前を聞いた瞬間に「もう予約殺到してんだろうな」と想像できるお店がオープンするのですが。

それの予約システムが、「トレタ」を使っているんです。

「トレタ」は、僕も友だちや知り合いが多数集まって作った会社で、レストランの予約台帳のiPadアプリを販売しています。
それがWebに対応し、ユーザーが自分でトレタを使って、予約をめっちゃかんたんにトレタ(←これが標語らしい?)!できるようになったのでございます。

正直今までは、友だちが作った会社とはいえ、僕が使えるアプリではなかった(お店の人が使うアプリだった)ので、特に貢献できることもないなあと思っていたのですが、今回は僕が自分で操作できるというので、さっそく、俺のフレンチTOKYOを予約してみました。

そしたら……

あまりにも操作が簡単だったので吹きました!
これすごい!!! ヤバい!!!

流れはこんな感じです。