ダイバーシティを見事に寓話にした映画『ズートピア』(ストーリー的なネタバレなし)

話題のディズニー映画『ズートピア』を鑑賞させていただきました。

この映画でいちばん驚いたのは、「こりゃ、大人向けアニメだ」ということです。

もちろん、この映画の主人公は動物たちで、子どもも最高に楽しめます。ネズミだけでエルサと同じ髪の量(40万本)があるそうです。それほど精密に描かれたキャラクターが、画面いっぱいに、表情豊かにピョンピョン飛びまわます。まさにディズニー映画みたいだし、まるでジャッキー・チェンのアクション映画みたい。一秒一秒全て、観ていて飽きません。

しかし、鑑賞後に僕の心に残ったのは、「あー楽しかった」より、もっと複雑なものでした。

それは、ひとことでいうと、「ダイバーシティ(多様性)」についての洞察です。

いま、世界で最も重要とされている概念のひとつ、ダイバーシティ。
ズートピアを見ると、ダイバーシティに関する理解と共感が、一気にレベルアップするのです。

50回ガチャを引いた結果と所感 #星のドラゴンクエスト

以前も紹介しましたが、この数ヶ月、通勤電車などで「星のドラゴンクエスト」をやっています。
まず最初に断っておきますが、個人的にはこのゲームをとても気に入っています。「時間のない大人が手軽にドラクエを楽しむ」にはうってなんじゃないかな? 特にメインストーリーや過去のドラクエ名作追体験イベントは、ドラクエというブランドや思い出補正も加わって、とても良いです。

僕は最初の段階の無料ガチャで、幸運なことに当時最強だった「ロトの剣」をゲットして調子づいていたのですが、最近はもっと全然すごい武器や魔改造を極めたスキルセット(この数日で、「彗星斬り+彗星斬り+メラゾーマ」とか「地這い大蛇+地這い大蛇+メラゾーマ」って人見ました)の人が多数現れていまして、悶々としていました。

ロトの剣は、そのままだと攻撃スキルしかセットできないのですが、2回進化させると、補助呪文Bつまり「ベホイミ」か「ピオラ」をセットできるようになります。
進化させるには、「同じ武器を組み合わせ」る必要がありますので、ロトの剣を2回進化させたいなら、ロトの剣が合計3本いります。

しかし、ロトの剣はガチャでないとゲットできないし、ガチャの中でも「超ギガレア」という星5の武器で、引き当てる確率が7%しかありません。

Hoshidora20160421001

それに、スマホのゲームの「ガチャ」の確率っていうのは、ねぇ……

「スクウェア・エニックス」という、デス・トラップやザースの昔から知っている東証一部上場企業が「ドラゴンクエスト」の看板背負って出したゲームだから、悪質なことはやらないだろうと信じたいところですが、例えば山本一郎さんのガチャ問題に関する一連の指摘や、ドラクエMSLがガチャ問題で炎上したことを思い出すと、安心できない。

星のドラゴンクエストでは確率が公開されてはいるけど、大雑把なんですよね。例えば、星5のアイテムだけで60個くらいある。アイテムを増やせば増やすほど、お目当ての物が当たる可能性は減りますよね?

少し前に「ゲームが、物語から行動心理学に変わっていく」という記事を書いたし、本記事でも最後の方に書き散らかしていますが、僕は元々「ガチャ」ってものが好きではありません。
だから、基本的には課金はせずに、ガチャから身を引いて、同ゲームを楽しんでいます。

しかし。

一方で僕は、毎日少しずつ少しずつ、まるでポタポタと垂れ落ちる岩清水を貯めるように、無料ジェムをためているのです。
もう何ヶ月も使っていないので、その数17880!

Hoshidora20160421004

そして、先日、ロト装備ガチャイベントが発生しましたので、この貯めまくったジェムを一気に使い、ロトの剣を2回引くことを目指しました。
やるのは10連ガチャ(3000ジェム必要)なので、合計5回、50連でガチャを引きます。

ガチャを50回も一度に引く!
15000のジェムを一気使い!

なんだかシャンパン抜き放題の大盤振る舞いのような、不相応な豪遊をするような気分で、実がすくむ思いです。
さあやるぞ!

 
 
● まず確率計算する

プリンスへの追悼文

プリンスに最初に興味をもったのは、背が低いからだったことは認めざるを得ません。

タリーズ、魔改造中

忙しすぎて更新できず悶々としています。ネタだけは溜まっていく……
できるだけ早めにスケジュール調整してまた書けるようにしようと思うので、よろしくお願いします。

ところで、

ドキドキするけどドンといけ! 明日から小学一年生。

上の子が、明日から小学一年生だ。
あのハンドタオルがお布団代わりだったくらい小さかった子が……と、感慨深い。

阿部寛が凍ってる映画『エヴェレスト 神々の山嶺』

「どんな映画だった?」と聞かれたら、僕ならひとことで、こう答えます。

卒園という言霊

タリーズがいよいよ意味不明になってきました

タリーズにて、隣のOL2人が、スマホを見ながら、店中に響くような素っ頓狂な声で、

ネットにあってテレビにない最大のもの : 『インターネットで最も危険な場所』を観て

本当は最近見た映画について連投する予定だったんだけど、「インターネットで最も危険な場所」というノートンのプロモーションが格好良すぎて、思わず予定変更して書きなぐってしまっている記事ですこんにちは。

Norton2016031601

これは、世界中でハッカー、そしてハッカーに武器(サーバーや回線)を提供する業者を取材したドキュメンタリー動画です。現在エピソード2まで公開されいて、今後どこまで公開されるかは不明。

いやこれ、不謹慎な面があるのを承知して言うけど、最高だわ。
カッコウはコンピュータに卵を産む』というハッカー追跡ドキュメンタリー本(と名著『ニューロマンサー』『スキズマトリックス』)でネット業界に入ることを決めた僕としては、感慨深い思いを感じずにはいられません。この動画で紹介されているものは、ほとんどは既に知っているものではありましたが、やはりこうやって取材してまとめられて、いろんな人の立場をパラに並べられると、見応えが違います。

そして、これを提供しているのがノートンというところが、このドキュメンタリーに更なるクールさを与えています。
この動画にノートンは出てこないにも関わらず、この動画で、ノートンは「ウィルス対策ソフトを作っている会社」から「全世界を覆う、目に見えない戦争や悪の組織から『あなた』を守ろうとしているクールなヒーロー」にガラリとイメチェンしちゃっています。あのね、ステマでもPRでもネイティブアドでもないですよ。いち意見です。

ところで。

子どもに「実践的な」ダンスを教えて気づいたことまとめ

幼稚園、小学校、中学校などでダンスを教える羽目に陥った先生の皆様方へのヒントが入っているかもしれないので、参考になさってみてください。

先日、お試しで、全2回で、キッズ向けのダンス教室を開きました。主に幼稚園児。上は小学校3年生くらいまで。
僕は昔、社会人向けのダンスサークルやフィットネスクラブで10年間くらい教えていたので、教える基礎自体はあると思うのですが、やはり大人と子どもは違いますね。
以下、気づいたことをメモします。