『我が名は魔性』と『担当者がラップでサービス紹介』は同一人物

そういえば、前回書いたブロガーズフェスティバル2016では、ひとつ、とびきり最悪だった出来事がありまして。

ブログで良い文章を書くには? (と、 #ブロフェス2016 で紹介したリンク集)

先週末、「ブロガーズフェスティバル2016」というイベントで、40分ほど講演させていただきました。
お題は「ブログにおける文章」。えらく大上段に構えたテーマの割に、繁忙期で準備期間が1.5日しかなかったのですが、超ウルトラ頑張りました。

そして当日。

Bloggersfes2016

とても楽しかったです!!!
普段知り合えない若い世代やジャンルの人たちとも知り合えたし、他の登壇者の話も面白かったし、事前に自分も資料作っているうちに「自分ってこんなこと考えてたんだ」という新しい発見もありました。

特に「やはり自分はネットが大好きなのだなあ」ということをしみじみと思い知らされましたw

いくつかとても嬉しい感想もいただきました。褒められ慣れてないので恥ずかしいですが、ありがとうございますm(_ _)m
ブロガーズフェスティバル2016に参加して本当に良かった。(あきさねゆうの荻窪サイクルヒット)
ブロガーズフェスティバル2016に行ってきたよ(YUBiLOG)
ブロガーズフェスティバル2016に行ってきたよ!ブログ運営で勉強になったことをまとめてみた!(まぬけブログ)
「小鳥ぴよぴよ」の清田いちる氏に32作の出会いをもらう。(ちゃんとやれ!)

さて。

この記事は、講演中にお約束した「講演で紹介したリンクは全部後日ブログに載せる」の約束を果たす記事です。
なので、記事の最後に、ドーンとリンク集が載っています。

その前に。
講演内容の概要だけおさらいすると、以下の通りです。

● ブログで良い文章を書くにはどうしたらいいか?
・上手く書こうとしない。素直に書く

● そのためのツール
・「素描書き」。思いついたら、深く考えず、そのまま書いて、推敲せずに公開する
・素描書きと、時間を書けて書くのを両方やると良い
・両方とも「素直に書く」のを忘れずに

竹野内豊も、うろたえ、怒っていた[シン・ゴジラ3回目]

『シン・ゴジラ』3回目の観賞に行きました。

まず何がすごいって、3回も観てるのに2時間全然飽きないのがすごい。無駄なシーンがひとつもなくて、とてもテンポがいいからなのでしょうか? 同じ映像を繰り返し観て飽きないって、珍しすぎる。今までの僕の人生では、4つしかありません。

・マルホランド・ドライブ
・夜のとばりの物語
・幻魔大戦
・時計じかけのオレンジ

いや、でも、シン・ゴジラは別格ですね。毎回期待を上回る面白さというか満足度というか。「ま、3回目だし、観ても観なくてもいいんだけど」と思ってた僕が浅はかでした。4回目行くと思います。期待を裏切らないから。

ただ、さすがに3回目ともなると話の流れは概ね把握してるわけですから、この高速展開な映画を観てても頭をフル回転させてついていく必要はなく、じっくりと細部を堪能できました。

そこで、今回僕が一番印象に残ったのは、総理から「国連が東京に熱核攻撃を加えることを決定した」と聞かされたときの、竹野内豊演じる赤坂の表情です。

「君の名は?」「我が名は…魔性!」

『君の名は。』公開後からずっと、「『君の名は?』と聞かれたら『我が名は魔性!』と返す『君の名は魔性ゲーム』が脳内で流行っていた」という友人がいまして、おおあれがこれとつながるのか! やっぱ手間ひまかけてでも思いついたことはやっとくべきだなあ、あと友というのは(いろいろな意味で)ありがたいなあ、と思った夜です。

『我が名は魔性』はKindle Unlimitedで読めるので、最近また読者が増えてきて、あれです、複雑な心境です……
本物の黒歴史だからね……

 
 
【補足資料:我が名は魔性とは?】
僕がリアル中二(14歳)のころに書いた小説。
中2(14歳)のとき書いた小説『我が名は魔性』を公開します:小鳥ピヨピヨ
本物の中二病をお前に見せてやる・・・!! 「我が名は魔性」 レビュー:a Black Leaf
池澤あやかさん「わー、我が名は魔性の人だー! 我が名は魔性の人に会っちゃったー!」:小鳥ピヨピヨ

両さんへの送別メッセージを書いてきた

弊社は今、集英社の目の前にありますので、当然のように『こちら葛飾区亀有公園前派出所』への最後の送迎メッセージを書いてきました。


これがメッセージボード。意外とまだ空いています。


これが僕の書いたメッセージ。子供のころ、両さんを見て、「ちゃんとしてない大人って楽しそうだなあ」と憧れたのを思い出しました。僕のまわりは、ちゃんとした大人ばかりだったので。

君の名はタリーズ

本当に不思議だ。
どうしていつも、「あーどっかでお茶したいなあ」と思うと、魔法のように目の前にタリーズが現れるのだろう?


タリーズではだいたいいつも無事では済まないし、もしかすると前前前世あたりからタリーズとの深い因縁があるのかもしれない。

今日は小鳥ピヨピヨの誕生日&ブロガーズフェスティバル登壇のお知らせ

他の方から教えていただいて思い出したのですが、今日は小鳥ピヨピヨの誕生日でした。

開設したのは2003年の9月13日。つまり……13年! 長ぇ! 生まれた子が中学生になる年月だよ!
この13年は、昔経緯を書いたことがありますが、ある時期から常に書き方を変えて模索し続けてきた日々でした。
ちょっと当時の記事を引用してみます。

僕はブログを続けています。
何故か。

僕は文章に野望があるのです。
もっと上手い文章を書きたいのです。

スタイル、言葉の選び方、長さ、リズム感。
最終的には、「内容なんてなんでもいい、読んでるだけでうっとりする」みたいな文体を獲得したいのです。

ブログ10年続けて文章力はあがったのか? はてなブックマーク - ブログ10年続けて文章力はあがったのか? より:

ああ、そうね……
未だにそうです。

最近は仕事(ShortNote)が忙しいし、ちょっとした思いつきの雑文みたいのは自分でもShortNoteの方に書いちゃっています(異様に書くハードルが低いサービスなので)。

だから、小鳥ピヨピヨの方の更新は減っています。
しかしその代わり、小鳥ピヨピヨに書く記事は、

君の名はシン・ゴジラ

突如彗星が東京湾に落下。
内閣にて緊急対策本部が設置される。

……じゃなくて。

『君の名は。』、だいぶ前に観たのですが、なかなか感想が書けず、だいぶ経ってしまいました。

とても良かったです。さすが王道エンタティメントを謳ってるだけあって、アニメ好きだけじゃなく、万人に深く届く映画だと思います。映像も美しい。話も素敵。音楽も良い。細かい整合性や矛盾など吹き飛ぶような、素晴らしい作品でした。

普段なら最高!!! と大絶賛!!! するはずなのですが、でも、この夏だけは少しモヤります。
『シン・ゴジラ』があったからです。

ドラクエVの「選択の悪夢」再び[星ドラ]

星のドラゴンクエストにドラクエVのイベントが出てきた。

くそう。子どもの頃の悪夢が今また蘇るとは……
3人から1人を選ばないといけない。
1人を選ぶということは、他を諦めなくてはいけない。
しかも今度は「衣装プレゼント付き」だ……


「欲しい衣装」で選ぶか「王道」を行くか「使えそう」なのを選ぶか……

選べない……ずっここの画面のまま、もう丸一日経過……

初手で端歩をついてきた長女

長女(7歳)に、ちょっと将棋でも教えようかと、駒を並べ、基本のルールを教えて、さあとりあえず指してみよう! 駒を動かしてごらん? と言ったら、いきなり端歩を突いてきて、