枡野さんへの返歌


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

悲しみは 誰のものでも よく似てて だから貴方は 孤独ではない  (小鳥)

------

僕の家にもある『かんたん短歌の作り方』の作者、枡野浩一さんが、blogをはじめたみたいです。
しかも投稿型。市井の一般市民から短歌を募集して評価するという。
名前は「枡野浩一のかんたん短歌blog」。軽く韻を踏んでるっぽくなってるのは、気のせいでしょうか?

と言うわけで、「実名」「顔写真入り」がお約束らしいこの投稿コーナーに、仮名写真なしなまま、参加することにしました。
仮名といっても、もうほとんど実名みたいなもんだから、いいでしょ。

今回の僕の短歌は、基本的には、枡野さんの例文、

かなしみはだれのものでもありがちでありふれていておもしろくない (枡野浩一)

を意識した作りにしてあります。これって返歌っていうの? 返歌まではいかないのかな?
枡野さんの記事が全体的に挑戦的な感じだったので、こちらも勇気を出して大胆に作歌してみました。

現在投稿数66個。何気に盛り上がっています。
みなさんも、気軽にトラックバックしてみてはいかがですか?

masuno20040404001.jpg

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。