金曜日はフライデー


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

終電。立つ場所を確保することすら難しい東西線の中は、誰も彼も疲れた顔をしていました。

僕の隣には、2人のOLがいました。2人とも疲れきっていそう。目の下には隈ができ、ファンデーションも顔の油で浮き上がっています。

2人は、飲みに行く約束の話?をしていました。

2人とも本当に精根尽き果てていたのでしょう。以下のような会話を、特におかしいと感じることなく、淡々と交わしていました。

 
 
A子:「金曜日何時待ち合わせにするぅ?」
B子:「私、明後日は忙しそうだから、9時ぐらいからがいいなぁ」
A子:「遅いスタートだなぁ。終電過ぎてオールになっちゃうかもよぉ?」
B子:「まあ金曜日はフライデーだから」
A子:「まあ、たまにはいいけどぉ」
 
 
 
ちょっと待て。
 
 
 
金曜日はフライデー?
 
 
 
説明になってないから!
 
 
 
僕は心の中でハッとしましたが、やはり疲れていたので、彼女たちの方をハッとして見つめることもなく、ただ悶々と心の中に突っ込みを抱え、今こうして「小鳥(a little bird)」を書いてます。

どうかなにとぞ、彼女たちの、そして僕の金曜日が、素敵なフライデーでありますように……
 
 
Girlfriday2005012601Girl Friday
やまだ ないと (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。