ノリノリなリーマン・ブラザーズ


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

無知をさらけ出すようで恥ずかしいのですが……以下のニュースが、いたく僕の関心をひいています。

ZAKZAK:リーマン“顧問”断言「敗者はライブドア」より:

ライブドアのニッポン放送株取得問題で、陰の主役に浮上してきた米投資銀行リーマン・ブラザーズ。ライブドアの発行する800億円の転換社債を引き受ける一方、同社株を大量売却するなど派手な動きを見せる。先週末には、リーマンの“顧問”で、慶大教授の榊原英資・元大蔵省財務官(63)がテレビ出演し、“顧客”のライブドア、堀江貴文社長(32)に対し、「敗者はライブドア」と断言し、波紋を広げている。堀江氏の命運を握るリーマンには、どんな狙いがあるのか。

この記事で僕が注目したのは、

リーマン・ブラザーズという社名

です。
 
 
今まで、「リーマン」って、ずっと「サラリーマン」の略だと思ってたんですよね。
 
 
まさか社名とは。
 
 
サラリーマンが働くのにピッタリな社名です。しかも「リーマン・ブラザーズ」ですよ。兄弟なわけですよ。
この兄弟が、上記記事によると、「影の主役」となり「派手な動きを見せ」ているんでしょ? きっとブルース・ブラザーズみたいにノリノリなんでしょうね。粋だなあ。
 
 
(ここではたとひらめいて、久しぶりに使えないパワーポイントのクリップアートを紐解いてみました。
そしたら、案の定ありましたよ。いかにも「リーマン・ブラザーズ」っぽいクリップアートが。
 
 
Rimanbrothers2005022101_1 リーマン・ブラザーズっぽいクリップアート
 
 
さすがマイクロソフトです。「こういうのが欲しい」と思ったクリップアートをピンポイントで提供してくれますね。)
 
 
とにかく、「『リーマン』と書かれるとき、それはサラリーマンを指すのではなく、リーマンという会社を指している場合がある」というのは、僕的には新しい発見でした。
皆様も、くれぐれもお間違えのなきよう。[R]Richstyles!さんの「ライブドアとリーマン」という記事も、怪進撃を続けるライブドアに、いちサラリーマンが良識の剣をつきつける、みたいな内容じゃあないので、注意してくださいね。

それにしても、いったいどんな会社なんでしょう? リーマン・ブラザーズ。

どうも有名らしいのですが、なにしろ全く知らないので、妄想ばかりが膨らみます。
転職して、僕も粋でノリノリなリーマン・ブラザーズの仲間入りをしようかな。
 
 
Bboysalaryman2005022102Bボーイサラリーマン
HIRO (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。