IKEA行ったよ写真撮ったよ


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

先週の頭くらいに、話題の激安スゥエーデン家具ショップIKEAに行ってきました。

 
IKEAは基本的に車で行くところなのですが、道が混んでて混んでて……
混雑の原因は判らないのですが、僕は、湾岸道路からIKEAショップに入るところの信号の右折許可矢印が出る時間が短すぎるのが原因かと。
どうにかしてください>国のどなたか

 
さて。肝心の店内ですが……

 
Ikea2006050101駐車場。すごい広い! これならもしかしてGW中ですら満車にはならないかも……

 
Ikea2006050102軽食スペースにあったケチャップとマスタード。あまりの大ざっぱさ加減に「さすがアメリカ!」と思いましたが、IKEAはスゥエーデンの企業でしたよそういえば……

 
Ikea2006050103何やら不思議な収納具。スゥエーデン人とはこういう人たち? しかもこれ、490円。

 
以下、驚異的な安さが延々と続いていました。いや本当に安い……
ま、どれもこれも大体、数百円~数千円(デカいものは2~3万円)の間だと思ってくれれば、間違いないです。

 
Ikea2006050104まるでソファーではないかのように、軽々と可愛らしく並べられているソファー。19,900円。

 
Ikea2006050105壁かけ雑誌ハンガー。これは結構よさげ。

 
Ikea2006050106謎の収納具2。スゥエーデンの人と判り合える自信が少しずつ失われていきます……

 
Ikea2006050107謎の収納具3。フジツボ型は彼らの心を特別に刺激するようですね。

 
Ikea2006050108これは「プランニングテーブル」といって、自分の部屋のどこにどれをおこうかというのを、積み木を使ってシュミレーションできるというところ。
楽しげで良いです。コンピューターでやることも可能です。

 
Ikea2006050109どの国のIKEAも、微妙なソフトトイが充実しています。

 
Ikea2006050110部屋の家具丸ごと取り揃えて7万円だって!
内訳はですね……

 
Ikea2006050111これが内訳。万円台が2つあるのが残念! ここはIKEAらしくサクッと6,000円くらいで出すべき。

 
Ikea2006050112_1ファンシー系照明。まつゆうとか向き?

 
Ikea2006050113まるで悪夢のように積み上げられたヘビのソフトトイ。
なぜかこれがイチオシらしく、店のあちこちにうずたかく積み上げられていました。
でも、お客さんは全員、このヘビをスルーしていました。

スゥエーデン人と日本人の心の溝は深まるばかりです。

 
Ikea2006050114お店の様子。

 
Ikea2006050115ハンガー! 確か10本セットで何百円かだと思いました。

 
Ikea2006050116鬼プッシュしていた「省エネ電球」。なんか良さそうでしたよ。

 
Ikea2006050117不思議壁フック。犬のお尻と尻尾を模したもの。確か400円くらい。

 
Ikea2006050118過剰にファンタスティックな形状のじょうろ。しかも激安。

 
Ikea2006050119倉庫に見えますがまだ店内。

 
Ikea2006050120ヘビと一般人。

 
Ikea2006050121机や椅子を壁に並べてディスプレイ……
デカすぎて、軽くアートな衝撃があります。

 
Ikea2006050122結局買ったのはこの「水切りボウル」だけ。290円なり。

 
Ikea2006050123レジの様子。レジにすらあのヘビが……

 
Ikea2006050124スゥエーデンの食べ物コーナー。

 
Ikea2006050125「スゥエーデンの人はみんな、『誰が作っても母のミートボールにはかなわない』といいます」
味噌汁とミートボール、だいぶ違いますね……

 
Ikea2006050126「スゥエーデンの人はたいてい食事のときにつめたい飲み物を飲みます。<中略>気分を変えてこうしたシロップを薄めて飲むこともあります」
ああ、きっと文化の何もかもが、僕らとは違うんだろうなあ、ということを予感させる一言でした。

 
総合的には、とてもいいトコでした♪
何でもあるし、安いし、カスタムも結構できるみたいだし。

 
これから家具を揃えようとしてる人は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか?
僕も、今日は偵察でしたが、今度はテーブルやソファを買おうと思います。

 
 
Great Ikea!: A Brand for All the People (Great Brand Stories)
Elen Lewis (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。