エコな図書館、じてんしゃ図書館


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

Bycyclelibruary2007042803

 
街をのほほんと歩いていたら、

イケメンで、
着物を着て、
荷物たくさん持って、
後ろに水車をくくりつけた自転車に乗っている、

そんな若者を見つけたので、
思わず声をかけたんです。

 
 
 
 
 
僕:「なんですか? これ」

若者:「あ、これ、図書館です」

 
 
 
 
 
図書館!?
確かに水車を見ると、羽根板の一枚一枚に、
本がかかっています。

 
 
びっくりして、いろいろ詳細を聞いてしまいました。
彼は、この「じてんしゃ図書館」を引っ張って、
日本一周をしている最中だそうです。

愛知からはじまって、
北海道まで周って、今東京。
ここまでで、なんと2年。ずっと自転車を漕いで、
お金がなくなったらバイトをして、本を買って、
また旅に出る。そんな生活だそうです。
次は九州の方に行くとか。

 
 
そもそもこの旅は、
この若者と1冊の本との出会いからはじまりました。

 
百年の愚行
池澤 夏樹 (寄稿), アッバス・キアロスタミ (寄稿), フリーマン・ダイソン (寄稿), 鄭 義 (寄稿), クロード・レヴィ=ストロース (寄稿), 小崎 哲哉 (著)

Think the Earth Project (著)

 
百年の愚行」は、
20世紀に人類が何をしてきたかを、
写真で紹介している本だそうです。

 
若者はこれを読んで、
非常に衝撃と、それと危機感を感じます。
このままだと21世紀も、
人類は同じ過ちを犯してしまうかもしれない。

そしていてもたってもいられなくなり、
行動を開始したんだそうです。

 
基本的には彼は、
この「百年の愚行」を全国の図書館に置いてもらうために、
全国を旅して、図書館を回って、お願いして歩いています。

また、旅の道中で出会った人たちに
図書館のように、本を貸し出していっています。

 
「何か借りていきますか?」
とお誘いを受けたので、
しばらく悩んだ後、この小さな本を借りました。

 
ハチドリのひとしずく いま、私にできること
辻 信一 (監修)

 
すると若者は、
なにやら裏に書き込みはじめました。

 
Bycyclelibruary2007042802

 
書いていたのは、
葉っぱが1枚だけ書かれた、
のイラストでした。

 
Bycyclelibruary2007042801

 
「読み終わったら、葉っぱを1枚書き込んでください」

と、若者は言いました。

「そして、他の誰かにこの本を渡してください。
いつかこの木についている葉っぱが、
いっぱいになることを祈って」

 
 
 
なんとまあ、
何もかもオリジナリティ溢れる人なんだろう!
そしてなんとまあ、
利己主義や損得や効率を超えて行動してるんだろう!

すごくピュア生命力いっぱいです。
明日からゴールデンウィークだってときに
こんな爽やかなエピソードに出会えるなんて、
幸先いいなあ、と気分がよくなりました。

 
 
 
なんらかの手段で彼を応援してあげたい、
と思って、こうやってブログをしたためています。
彼のホームページは以下のとおりです。

じてんしゃ図書館あそブック

もしどこかで彼を見かけたら、
ぜひ声をかけてみてください!
きっと元気になれますよ。

p.s. じてんしゃ図書館がきっかけで、有名ラーメン屋と仲良くなりました。不思議な縁。

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。