キャズムを超えようとする人々


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

Casm2007032401
ブログはキャズム(ハイテクの落とし穴)を越えてブレイクするのか?より)

 
マーケティングの世界に、
キャズム」という言葉がありまして。

キャズムとは、上図のように、
とあるハイテクが、一般に受け入れられるかどうかの
」のことを指している専門用語です。
「mixiはキャズムを超えた」とか、
「ソーシャルブックマークはキャズムを超え切れてない」という言い方をします。

 
この用語が世に出回りはじめたのは、
たぶん5年くらい前だと思います。
当時、この言葉は大流行して、、
猫も杓子もキャズムキャズムと
うわごとのようにつぶやいていた、
そんな時期がありました。

最近は、あまり聞きませんが。

 
 
 
なんでこんな昔話をしているかと申しますと、
先日、とある会社に遊びに行ったら、
ホワイトボード超デカデカと、
こんな書き込みがしてあるのを発見しまして。

 
 
 
 
 
 
 
 
Casm2007032501

 
 
 
 
 
 
 
 
頑張ってるなあ(泣)。
まるで子供が描いた落書きのようですが、
立派なキャズムの図です。

応援したくなる気持ちがグッと湧き上がってきた、
そんなひとときでした。

 
 
キャズム
ジェフリー・ムーア (著), 川又 政治 (翻訳)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。