マクドナルドで「ヘーホンホヘホハイください」と注文したら

以前も書いたけど、僕はマクドナルドのベーコンポテトパイが大好きなのです。
バイト時代は、いつも休憩中に買って食べてました。なかなか売れないこいつを、「美味いのになあ。可哀想だなあ」と、世の無常と共にハフハフしていたのを、今でもよく覚えています。

そのベーコンポテトパイが、先日復活したけど、マクドナルド側の方から正式に、

「これは『ヘーホンホヘホハイ』である」

というメッセージを強く打ち出してくるもんだから、

Hehonhohehohai20171005

僕も、恥ずかしさを乗り越え、頭を上げてレジの店員(クルー)をまっすぐ見つめ、きっぱりと大きな声で、

「ヘーホンホヘホハイください」

親が喜ぶパソコンの設定

先日ですね、実家に帰ったとき、ふと気が向いて、パソコンのスクリーンセーバーの設定を変えたんですよ。
保存してある写真がランダムに出るようにしたんです。あと、写真の切替速度は遅くしました。

そしたら、親、けっこう楽しんだみたいでして。

孫の赤ちゃんの頃の写真とか、旅行に行ったときの写真とか、そういうのがランダムに表示されるものだから、その都度なにかを思いだしたり、思い出にふけったり、そこから会話のきっかけが生まれたり。

餃子テロ。蔓餃苑+佐賀県=珍魚苑にて

蔓餃苑」ってご存知ですか? パラダイス山元さんが秘密裏にやっている、餃子屋というか餃子イベントというかパラダイスで、あまりの人気ぶりに超ウルトラ級な予約困難ぶり、僕も10年くらい前にmixiに予約用コミュができて以来、様々なプラットフォーム上で予約を試みてきましたが全て爆死、もう「あれはアヴァロンなんだ。決してたどり着けない幻の楽園なのだ。仮想現実なのだ」と半ば諦めていたのですが、なんとなんと!

当たりました!

蔓餃苑と、最近ヒップホップとかユーリ on ICE、おそ松さん、スプラトゥーンの、BEAMSなどとのコラボで斜め上方向に超頑張っている佐賀県「サガプライズ」とのコラボ「珍魚苑」に!

ありがとうありがとう!

当選したのは平日のランチタイム。うわー行きづらい。スケジュールきっちきち! でも……いったい何倍の倍率を勝ち抜いて来たんだろう? 万難を排して行くしかない、と、前後の予定へお願いにお願いを重ねて、時間を空けていただきました。ありがたや。

当日、というか前日の夜から何も食べず、いざ現地へ。
場所は秘密なので言えないのですが、車の陰に隠れて本当にわからないところにありました。

以下、写真が続きます。

Chingyoen2017092804
才人、パラダイス山元さん。
今日はお世話になります。

Chingyoen2017092804
まずは日本酒スパークリング「天山 サルー・スパークリング」で乾杯。
このあと、日本酒やらシャンパンやらが続き、この日のメンバー(6名)は1人また1人と潰れていくことになります。ランチタイムなんだけど。

Chingyoen2017092804
店内。
パラダイス山元さんは日本唯一のサンタクロースでもあるので、サンタグッズが所狭しと並んでいます。
ちなみち後日、うっかり子どもに「パパね、サンタクロースさんに会ってきたよ」と言ってしまったら、「ズルい!」と逆キレされました。

Chingyoen2017092804
お皿。可愛いでしょ?
あ、荻窪にあるってことはわかっちゃいますね。

Chingyoen2017092804
一皿目からいきなりハイパー美味そうなヤツが来た!
アカニシガイとムール貝の餃子!

Chingyoen2017092804
こんな!

この夏、僕を生き延びさせた「和ハーブ和え」

ごめんなさい、もう旬の時期は過ぎてしまったので、ぜひ来年にお試してください、なのですが……

この夏、僕は「和ハーブ和え」に凝ってました。
ほとんど一日置きくらいに食べていたかも。

これは、「もともこも」さんのブログで知ったレシピなのですが、今見たらブログが消えていた泣なので、ここにざっくりと再現します。

【基本:茄子と和ハーブの和物】 ---

Waherb2017092701

● 材料(1人前)
・ 茄子1本
・ ミョウガ2つ
・ ショウガひとかけ
・ 大葉2枚
・ ネギ1本

● 作り方
1. 茄子は小指大くらいに切って、水に5分漬けてアク抜きした後、塩小さじ1杯ほどで塩もみし、置いておく
2. ミョウガ、ショウガ、大葉、ネギを、細切りなど、食べやすい大きさに切る
3. 1の茄子の塩を洗い流し、固く絞る
4. 茄子と2の和ハーブ群と混ぜて完成

● コツ
・ 茄子を揉む塩の量を、お好みで調節してください

-----

これが、猛烈に美味しゅうございまして。
どんな体調のときでも、これだけはガツガツ食べられました。

「彼岸花」をなんて読むか?【タリーズ事件簿】

今、だれきった(だけどオシャレな)高校生男子2人が、

「川沿いに、ヒガンバナがいっぱい咲いてるところあるじゃん?」

「ギャーハハハ! お前いまなんつった? ヒガンバナ? コスモスのこと? 漢字(彼岸花)をそのままヒガンバナって読んでたの!? 今までずっと? 産まれたときから? ギャーハハハ!」

って言っていて、店中が「沈黙のざわつき」とでも言うべき空気に満ちています。
爆発寸前。針の先くらいのきっかけがあれば、全員で一斉に高校生に詰め寄ってしまいそうです。

【FGO初心者】最初から知っておくとお得なことまとめ(追記あり)

※ 重要な期間限定イベントは全力で回そう(追記)を別記事にまとめました

こんにちは。FGOをはじめて、今日でちょうど77日になりました。

Fgo2017092201

毎日少ししかやってないので、進みの遅さ亀のごとしですが、最近、ようやくだいたいのシステムを把握しました。

FGOって、使ってる用語が独特だし、システムも癖があるし、チュートリアルもあまりないんですよね。
それでも、シナリオ、特にセリフ回しの面白さで、グイグイ引っ張られて辞められません。
大笑い、感心、感動……なんでもアリ。センスが無茶苦茶良いです。
特に6〜8章は、「おみそれしました」と土下座するレベルだそうで、まだ到達してない僕としては、とても楽しみです。

そうして、どったんばったん大騒ぎしての77日目。そろそろ初心者は脱したといっていい気はします。
一方で、はじめたばかりの時のことも、まだ覚えています。

どこがどう、わからなかったか。
どこをどう、勘違いしていたか。
どこをどう、諦め受け入れたか。

もうしばらくすると、初心者が何がわからないのかもわからない、いわゆる「知識の呪縛」に、僕もとらわれてしまうでしょう。
そうなってしまう前に、僕なりに感じたFGOの「迷うこと、気づかないこと、最初から知っておくと便利なこと」を書き留めておこうと思います。
目次はこんな感じです。

【犯人は僕】Siriはドアの向こうにいた【タリーズ事件簿】

タリーズでの話。

まず恥ずかしながら、でもこの話をしないと背景がわからないと思うので仕方なく説明すると、僕は、トイレの個室で用を足していたんですよね。

そしたら、すごく好きな感じのBGMが流れてきたんです。
軽い感じのボサノバ。僕はだいたい、「凄く重い音だけが流れてるヒップホップやダンスミュージック」か「アコースティックギター」か「ボサノバ」に反応するのですが、今回も自分の趣味にドンピシャ、という感じの曲でした。

トイレに誰もいないのは、入るときに確認していました。
だから、Siriに、こっそり聞いたんです。

「この曲は何?」

言葉の力が強い人々の特徴

言葉の力が強い人々がいる。

その人の人生経験とは関係がない。
その人の成功失敗とも関係がない。

その人の教育環境とも関係がない。
その人の家族友人とも関係がない。

その人の読書の量とも関係がない。
その内容の善し悪しも関係がない。

雑記:8月が終わったので

8月は忙しくて、ほとんどブログを書けませんでした。

タリーズ20周年だというのにiPhoneがない

今日、タリーズに行ってみると、「20周年を迎えました!」という看板が立っていました。

本来ならそれを撮影し、「おめでとう!」と言うところなのですが、あいにく今日は家にiPhoneを忘れてきてしまって撮影できない。このMacbookのPhotoboothで撮ろうと思えば撮れるけど、あまりにも大げさすぎて、いつもと逆に僕自身がいろんな人から「今日タリーズに変な人がいた」とツイートされてしまいかねない。

なので文章で。
おめでとうございます。

僕が最初にタリーズを意識したのは、「ハニーミルクラテ、ヘーゼルナッツ入り」でした。確か何周年かのスペシャルドリンクだった記憶があります。今思えば単にヘーゼルナッツのフレーバーをかけただけなのですが、砂糖じゃなくて蜂蜜、そしてナッツの香り、というのが、とても独特で、まるで初めて食べたココナッツミルク入りカレーのように、すぐに味を覚え、いつまでも覚えている、そんな思い出となりました。

しかし当時は、タリーズなど、ほとんどどこにもなく、このスペシャルな飲み物には、滅多に出会えませんでした。

次に僕の中にあるタリーズの記憶は2つ。