うんちの「絵本」


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

うんこ味のカレーの秘密】へのトラックバックです。内容は関連していませんが、まあ、うんこ繋がりということで。

生協通販のカタログで、うんちについて激しく言及したものがありました。

unko1

赤ちゃん向けの商品カタログです。今週の特集は「うんちの絵本」。「子供はうんちの話が大好きだから」というのが、本カタログの当面の言い訳のようです。タイトル下には、以下の煽り文が書いてあります。

うんちってどうやって出来るんだろう?自分のうんちってどんなのだろう?など、絵本を通してもっと興味を持って欲しいですね。

子供がスカトロジストへの道をひた走らないよう、祈ります…

さて、以下が本カタログで紹介されている絵本リストです。うんちの本って結構出てるんですね。

【うんぴ・うんご・うんにょ・うんち】

unko2.jpg うんちの形状によって、それぞれ「うんぴ」「うんにょ」など名称を変えて説明しています。硬くてパサついたうんちは「うんご」だそうです。ネーミングした人は天才ですね。
ちなみにこの絵本を買うと、うんこの種類特大ポスターがついてきます。

【う・ん・ち】

unko3.jpg うんちについてのQ&Aをまとめてあります。背後にはうんちに関する膨大な調査研究データが隠れていそうです。こういうことを調べて生活費を稼いでいる人に幸あれ。

【うんちは どうして でるの?】

unko4.jpg 食べ物がうんちになる過程を、詳細に説明しています。表紙のイラストが、判ってる風に黒い笑いを浮かべているのが気になります。
「丈夫なおなかを作るアドバイスつき」だそうです。赤ちゃんの世界にまで健康志向が広まりつつあるのですかね?

【ひとりでうんち】

unko5.jpg 「赤ちゃんが幼児の仲間入りをするためのトイレマナーを覚えることができる」トイレトレーニング用の絵本だそうです。赤ちゃんの世界もマニュアル世代に突入です。

【みんなうんち】

unko6.jpg 哲学的なタイトルです。紹介文には、「ユニークな絵本で、おとなも子供も楽しめます」と書いてあります。かすかに不安です。

このカタログで紹介されているうんちの絵本は、以上です。きっと他にもたくさんあるのでしょう。
おしなべて言えることは、絵本は必死で「うんちを通して、様々なものごとに興味を抱かせる」ことを目的としているけれど、「うんち」の存在感があまりにも強烈なために、結局試みは全て失敗しているように見えることです。うんちネタは難しいですね…

うんちは子供にとって、今も昔も強力なコンテンツであり続けることでしょう。もちろん一部の大人たちにも。

それにしても、世界中の人たちと、カレー味のうんこか、うんこ味のカレーかについて話し合うとは…切込隊長、いい仕事してますな!

Ads by Google

前後の記事

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。