「小鳥(a little bird)」、一周年


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

「小鳥(a little bird)」は、2003年の9月13日にはじまりました。
そう、明日でちょうど一周年なんです。

アッという間の1年でした。1年前の、記念すべき最初の記事はこれ↓

ムツゴロウ最高

クーロン黒沢さんのムツゴロウ評:

「火の鳥よ、この人に永遠の命を与えてはくれないのでしょうか!」

に感銘を受けて、どうせブログ書くなら、こういう気の利いた(?)一言を付け加えられるようになりたいと思ったのを、昨日のことのように覚えています。
 
 
 
それにしても、最初から失礼な記事ですね……
 
 
 
とにかく、「小鳥(a little bird)」をはじめて1年。当初思ってたよりも全然多くの人たちに読んでいただいて、とても嬉しいです。

ゲーテの詩の1つに、以下のようなものがあります。タイトルは「作者」。

わが友、読者よ!

君なくば、

我はそもなんぞ!

感ずるところみなひとりごとに終り、

わが喜びもことばを知らず。

全くもって僕も同じ気持ちで、読んでくれる人がいなければ、きっとここまで続くことはなかったでしょう。このブログが1年間特に苦労なく続き、余裕で2年目に突入できるのは、読者のおかげです。

いつも「小鳥(a little bird)」を読んでくれて、またはコメントやトラックバックを残してくれて、本当にありがとうございます。あなたに、たくさんの幸せと笑いが訪れますように。

Arigatothankyou2004091201

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。