簡単すぎる、マックでのアプリのアンインストール方法


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

startmac
Trash2007081001

  
 ちょっとマックで、ソフトをアンインストールする必要が出てきたんですけど、やり方がわからなかったので、コグレさんや水上さんにそれとなく聞いてみたんですよね。
 そしたら……

 
僕:「そういえば、マックって、ソフトのアンインストールはどこでやるんですかね…」

コグレ:「ゴミ箱に捨てる」

水上:「そうそう」

 
 マジで!? ゴミ箱に入れるだけ!?
 レジストリはどういう扱いに!?

 
コグレ:「レジストリはないです(笑)」

 
 ない!? ないんだー。
 へー、あるべきだと思ってたものが、別の世界にいくと特に不要なものになるんですね……
 インドにおけるトイレットペーパーのようなものか……

 
コグレ:「アプリケーションをゴミ箱に入れるとアプリケーションが遮断され、起動しなくなります。ゴミ箱から取り出せば、また元通りです」

 
 で、ためしにゴミ箱にFireFoxを入れてみたら、なんの警告もなくサクッと入りました。
 ドックからは自動的には消えませんでしたが、ドックのFireFoxアイコンをクリックすると、実体がゴミ箱にあるので起動できない旨のメッセージが。

 ふーん、これでいいのか……楽は楽なんだけど、消すべきだけど消せてないファイルとかがあるような気がして、どうも不安です……
 アプリケーションごとにアンインストーラーを用意してくれたらいいのに。いや、真のマックユーザーたるもの「ゴミ箱に捨てればアプリが削除されて当然」くらいに思わなくてはいけないのでしょうね。

 
 
MacBook Fan MacBook入門・活用ガイド 20 (2007)
小泉 森弥 (著), MacFan書籍編集部 (編さん)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。