Blog Parts

2006年3 月28日 (火)

松岡正剛の千夜千冊『V.』トマス・ピンチョン

Link: 松岡正剛の千夜千冊『V.』トマス・ピンチョン.

ピンチョン評。

 ところがここに、もうひとつ「エントロピーの矢」というものを加えた。エントロピーは情報の乱れぐあいの関数である。さまざまな情報が受け取られていく前に、どの程度にわたって乱れたのか、 つまりは熱力学の愛に向かったのかを書かなければならない。ピンチョンはその"鉄則"に従ったのである。  きっとそういうことなのだ。


ホームに戻る

前の記事:松岡正剛の千夜千冊『V.』トマス・ピンチョン

次の記事:Sankei Web 社会 姉歯元建築士の妻が飛び降り自殺 自宅近くのマンションから(03/28 16:25)

関連サイト

アーカイブ

最近の記事

rss.gif
Blog powered by TypePad