Blog Parts

« 2006年6月11日 - 2006年6月17日 | ホームに戻る | 2006年6月25日 - 2006年7月1日 »

2006年6 月24日 (土)

Link: asahi.com:「ジーコの流れ変えない」 次期監督、外国人と交渉�-�スポーツ.

 川淵会長は「02年のトルシエ前監督のように、選手を枠にはめるような方向には絶対にしない。選手個々の特徴を大事にするジーコの流れを変えない」という方針を掲げている。「第一候補の監督も、これまでのやり方をみれば、その方向に沿ってくれると思う」とも話した。

Link: asahi.com:選手過信したジーコ監督 自主性尊重、「時期尚早」�-�スポーツ.

目標とした1次リーグ突破を果たせなかったことで、一つの議論に終止符が打たれたのだろうか。 写真

対ブラジル戦のジーコ監督=AP

 組織か個人か。理想とする戦術に合わせて選手を選び、細かく教え込んだトルシエ前監督に対し、戦術の大枠だけを示し、あとは選手個人に自分の能力を最大限に出すことを求めたジーコ監督。

 「サッカーの歴史は、組織を超えた個人の力が最後は勝負を決めてきた」というのが、ジーコ監督の持論だった。「グラウンドでは監督の力は少ししか作用しない」と語り、指示されるのではなく選手自らが状況判断を下す自主性も求めた。

 欧州や南米の強豪にはシュート力があり、強く、速い選手が多い。個人の力を押し出して自主性を喚起することで対抗できるほど、日本選手のレベルは高いのか。そんな議論が、サッカー界で就任当初からあった。今回のW杯で、世界との個人能力の差が露呈した。結論からいうと、ジーコ監督のやり方は時期尚早だった。

 だが、方向性は間違っていたのだろうか。日本はこれまで、個人能力の劣勢を、組織力を研ぎ澄ませることでカバーしようとしてきた。現実的な策ではあったが、個人能力の不足と正面から向き合わない、逃げでもあった。

 戦うのは選手なのだ、という強いメッセージを出し続けたジーコ監督の信頼に、チーム全体が応えなかった面もある。

 決定力が課題なのに、練習でシュートをはずして笑っているFW。勝つしかないのに、失敗を恐れて冒険的なプレーに出る勇気が持てない選手。試合に出られないからと、冷めていた控え陣。

 「予選突破後、『体力や技術を少しでも培う努力をしてくれ』と言ったが、できなかった選手もいた。日本サッカーを変えられるチームと信じていただけに寂しい」と、ジーコ監督は心境を明かした。チームには個人能力だけでなく、プロ意識も足りなかった。

 ジーコ監督は選手を信頼し過ぎてしまった。懸念されるのは、この4年間が否定されてしまうことだ。組織と個人能力は対立軸ではなく、両方備えてこそ、強いチームになる。やっぱり個人能力重視はだめだと、組織頼みに針を戻すようでは、日本サッカーは退行するだけだろう。


Link: オンラインマーケティングのMarkeZine:ブログとアフィリエイトから見直す、「個人Web」のパワー(後編).

だから人なんですよね。人と人との信頼関係。企業と人との関係が、契約を基本とした信用関係からシフトしてくるんですよ多分。企業と個人の信頼関係がビジネス上の成果に繋がっていく時代になるんじゃないかなと。アフィリエイトとブログのおかげで、企業と個人が継続的な信頼関係で協業できる可能性が見えてきた。というか、和田さんが見せてくれているんです。ということで、読者の皆さんには、MONO-PORTALに是非ご注目いただきたいと。

2006年6 月23日 (金)

Link: ロボット型検索済みエンジンが今だけ激安!.

存知の通り、日本では主要なロボット型検索エンジンが3つあります。 言わずと知れた、グーグル、ヤフー、MSNですよね。

ロボット型検索済みエンジンは、
なんと、それを個人で所有してしまおう!
というトンデモツールなのです。

簡単に言えば、グーグル、ヤフー、MSNのような検索サイトが
ボタン一発で構築できてしまうという、画期的なツールなのです。


Link: ジーコ監督.

●ジーコ監督 ……勝ち点1に終わったが? 「監督は試合に勝つわけでも試合に負けるわけでもない。選手も試合に勝つわけでも負けるわけでもない。いつもチーム。我々は一緒だ。我々には責任がある。監督として選手を選んでどうプレーさせるか責任がある。ワールドカップに来た目標は達成した。ベスト16にはいけなかったけど。初戦の最後の8分間が致命的だった。それで敗退の方向に向かい始めた。重要な試合で負けてこんなふうになった。今日敗退したわけではない。オーストラリア戦の3-1が痛かった。我々は相手を負かせなかった」

……中村を代えなかったのはなぜか? パスサッカーができなかったのはなぜか?
「中村は素晴らしい選手。彼は日本に喜びをもたらす。ベストじゃなければ代えないといけなかったけど、高原が負傷してもう1人を代えた。中村はいろんな経験をしている。残念だが力を発揮できなかった。肉体的な問題があった。パスサッカーについてはいくつか問題があって、沢山のミスがあった。選手がやる気になっていたかもしれない」

……進退問題については?
「いいえ。私の契約はワールドカップまでだ。紳士協定でワールドカップまでとなっている。これまでの信頼に感謝したい。4年間いい仕事ができた。継続性を与えることも出来た。日本はこれまでも成長してきて、これからも成長していいチームにならないといけない。ワールドカップへの困難な道のりを自分たちの力でここまできた。私は自分自身の全てを与えてきた。私のキャリアは続けていく。ヨーロッパに行くかもしれないが、サッカーの監督は続けたい。私のキャリアのスタートは日本だった。日本に来てワールドカップに出ていなかったら、私の仕事の成果にはならなかった。ここまできたし、日本にはいいサッカーが育っている。今回のワールドカップではまだ成熟していないということかもしれない。ブラジル戦で1-0でリードしていたが、後半まで続かなかった。オーストラリア戦もそうだ。80分くらいまで勝っていたけど、8分間で3失点した。まだまだ改善するところがある。日本はいいチームだが、限界がある。成長しないといけない。世界のトップチームにはなっていない。いいところもあれば、改善点もある」

……世界との差は?
「まずプロフェッショナリズム。自分の欠点を知らないといけない。もっと大会に出ること、試合をすること。外国のリーグに数人しか行っていないし、沢山使われていない。最終予選はそのために苦しむことがあった。選手にはリズムが必要だ。いつもプレーをしていないといけない。外国でプレーをするというのではなく、いるチームでプレーしないといけない。もっと大会やチャンピオンシップも必要だ。プロになる必要がある。そしてもっと肉体的に強くならないと。オーストラリア、クロアチアはボールを蹴りこんで自分たちの体を使ったサッカーをしてきた。日本とやる時はハイボールを送れば何とかなると考えている。ワールドカップにおいては肉体的な力のある相手と戦わなければいけない。そういう体の構造が必要だ」

……監督として成功したと思うか?
「自分が成功したかどうかは気にしない。サッカー協会会長やファンやマスコミが判断すること。私が判断することではない。望んだ結果は出なかったが、自分の評価は審判していない」

……ワールドカップは思い通りにいったか、不測の事態があったか?
「たくさん問題があった。選手のフィジカル面で。ドイツ入りしてから23人全員でトレーニングしたことがなかった。誰かが怪我や故障をしていた。第1戦の重要なところで坪井を失った。ドイツとの親善試合でも問題があった。高原も問題があった。中村も同様。中村はクロアチア戦で熱があった」

……プレーヤーがフルで参加できなかったのが問題か?
「23人全員で準備ができればよかったが故障や病気でリズムが崩れた。3時の試合も暑かったし肉体的な問題を引き起こした。3時の試合のせいで生理的なものも。食べ物もかえなければならなかった」

……1戦目で小野を入れた理由は?
「彼を入れた時点では1-0で勝っていた」

……今日みたいに大黒を柳沢に代えて入れることも出来たのでは?
「その選択肢もあったと思うが、今日のブラジル戦のように中盤でボールを動かしたかった。そうするとほかの中盤が楽になる。
(大黒のこと?)全ての試合で決められるかといえばそうではない。今日のようなサッカーをやりたかった。中盤でボールをしっかりまわすというサッカーを」

……玉田と巻を先発で起用した理由は?
「2試合やって点が取れないということでそうなった」

……今日の後半の危ない時間帯で失点をしたが、これは経験の無さからくることか?
「実際あの点は要らなかった。しかし、選手の気持ちが攻めようとしてボールを奪われてしまい、あの形となった。どのような状況におかれていて、そこで何をしなければいけないかを突き詰めていこうということでトレーニングしてきたが、それが試合で出なかった。(ピッチの)全ての場所で同じプレーをしている。技術は上がっているが、勝つための試合運びを学べればいい。今日ブラジルがやったように。前半相手のメンタルをいじるようなパス回しを目指していたが、続かなかった」

……それは経験がないと出来ないことか?
「経験だ」

……すごい相手と試合をしないと教えられないものなのか?
「教えるだけでは学ばない。独特の大会の雰囲気の中や、相手がいる時にミスが出る。ミスが出ると攻められる。今度は自分たちの攻撃となったときもミスが出る。メリハリがないといけない。サイドを変えながら相手の目先を変えないといけない。それが実戦では難しい」

……この4年間で何が伝えられたか?
「どんなに強い相手でも名前負けをしない強い気持ち。自分たちのサッカーをすれば互角以上に戦えるという自信、プロとしての意識。フィニッシュの問題。トレーニングでは出来ることが出来ないのはあせりも含めて問題」

……選手には何か話したか?
「ホテルで話す。ロッカーでは話してない」

……中田が試合終了後に動けなかったが?
「このワールドカップで成功するために出し尽くしたのだろう。プロとして立派なプレーヤーで彼と仕事が出来たのは幸せ。それ以上に友人としてこれからも付き合っていくと思う。非常に大事な友人である。誰も予想していなかったショックもあるだろうし、出しきったときはなにもできない」

……プロ意識とは?
「トレーニングをして試合で全てを出し切ったこと。これで飯を食っているという意識。この4年間、成長した選手、そうでない選手、もっと成長できたと思う選手がいた。意識の持ちよう。何度も話してきたことだが、ワールドカップで成功するためにはアジア以上の力を持っていないと成功できない。(準備期間は) 1年ほどあったが、一人ひとりがフィジカルの強さ、足りない技術をクラブで一年間培ってほしいといってきた。多くの選手はそれを実行したと思うが、いまひとつ足りない選手もいたと思う。ワールドカップにいくのだという気持ちが、軽い気持ちで来た選手もいたかもしれない。アジアと同じレベルではだめというのは間違っていなかった。中田はそれをわかっていたからこそ鍛えていた」

……世界の強豪になるためにはあと何年かかると思うか?
「10年とか15年とかいうが、テレビやラジオの組み立てとは違う。人間を扱っていることなので、いろいろな経験を糧にしていかないといけない。時間がかかるかもしれないが。プレーヤー同士で声を掛け合うことなど。日本の文化ではけんかをしない。けんかをしろといっているわけではないが、気力を落としているチームメイトに発破をかけるということなどを互いに気にしてやっていかなければならない。仲良しクラブのままでは成功するのは難しい。そういう選手がもっと増えればいいと思う」

……この結果に失望しているか?
「この結果はとてもさびしい。出来ると信じてきただけに。このジェネレーションは日本のサッカーを変えられるチャンスがあったチーム。それがなされなかったのはさびしいし残念。ただし、下ばかり向いていたら成長はない。クオリティの高い選手はいる。それをもっと伸ばす気持ちがないと前に進めない」


Link: 玉田圭司選手.

●玉田圭司選手(名古屋) 「先制点? あれで本気になったんじゃないかな。やっててそう感じた? 結果的にそう見えるから。今日は勝つことだけ。それしかないと思って試合に入った。ずっとブラジルに押されてたけど、1本のカウンターを決めて、こっちのリズムになりかけるかなと思ったけど、その後ペースを握られてしまった。前半終了間際のゴールの影響? それがなかったといえばうそになる。ハーフタイムで持ちを切り替えることはできたと思うけど、この結果。先手を打たれた感じ。ブラジルとの差? テクニックだね。昨年のコンフェデとは全然違った。舞台が舞台だしね。1点を取ってから相手が本気になる前にも1点取りたかったけど…。先発? ミーティングの前に言われた。でも先発はあるんだろうなという気持ちでやってきたし、名前を呼ばれても驚くことはなかった。前の日もスタメンだっていう気持ちでいたし、驚きじゃなかった」

Link: 宮本恒靖選手.

●宮本恒靖選手(G大阪) 「先制点を取れればいいと思っていたし、流れがいいかなとも思った。もちろん攻められるのは分かっていたけど。ボールを奪って早く攻めること。そのへんができればなと思っていた。ハーフタイム? 失点が前半終了間際だったんで、みんな落ち込み気味だった。そこでまだ1-1なんだからしっかりやろうと言った。ベンチから見ていて? こういう大事な大会で出場停止が初めてだったんで、複雑な気持ちだった。前回とは違うものだった。3試合できなかったことが残念。今回の結果は後退? ホームとアウェーの違うもあるし。持っているものを出せたらいい結果が出たけど、それが出せなかった。1戦目でいい結果が出ていれば予選を突破できたはず。そこで自分たちの持っているものを出せなかった。特に1試合目でできなかったことがこの結果につながった。バタバタと崩れる試合が2つもあった? オーストラリア戦とブラジル戦は違う。ブラジルの質の高さは世界のトップ。オーストラリアにはそれは感じない。3失点したのは自分たちがゲームをコントロールできなかったということ。ブラジル戦はトップクラスのものだった。自分たちが最大の力を出したら予選リーグは突破できた」

Link: 加地亮選手.

●加地亮選手(G大阪) 「先制点を取った? 終了間際に取られたことが一番痛かった。あれがなかったら違った展開になっていたかもしれない。今日は事前に情報がなかった? その影響は全くない。やることはいつもと一緒。しっかり準備していたからスタメン発表が当日でも前日でも問題はない。結果として点差がこうなっただけ。今日はキープする時間帯も長くなかったし、逆襲もなかなか。難しい展開だった。押し込まれてもカウンターを狙う目的でやっていた。それがあの先制点につながったんだと思う。でもその後がね。どんどん押されて押されて切り替えられなかった。ハーフタイムの切り替え? 難しくないけど、全員で切り替えができないことにはね。ミスが多かったんで、リズムが出なかった。いい時は最後までフィニッシュに行っているけど。コンフェデとか。ここ最近はつなぎからミスがおきてカウンターというのが多かった。この大会を振り返って? 過去を振り返りたくはない。取り返しがつかない。世界大会は励みになった。もっとやらないといけないと体で感じられたことはよかった。1点を取る前と後でブラジルは変わったか? 特に変わらない。こっちが自滅した感じ。ブラジルは1人1人の正確さがポイント。パスを出して顔を出すことの繰り返しをしっかりやっていた。基本が正確だった。4年間やってきたことを出し切れなかった? 負ければそういうことになる。何もいえない。ただ弱かったというだけ」

Link: 坪井慶介選手.

●坪井慶介選手(浦和) 「ブラジルとの差を埋めるためにどうするか? これから考えます。ロナウドとロビーニョの印象? 力強いし、ここぞというこでやっぱりすごかった。1点を取られるまではよかった? シュートを打たれてはいたけど、踏みとどまっている感触があった。最後の失点がいけなかった。あそこで全体的にボールを振られてしまった。佑二とは下に下げられても耐えようと話していた。敗因をいくら分析してもワールドカップは負ければしょうがない」

Link: 中村俊輔選手.

●中村俊輔選手(セルティック) 「ブラジルの攻めはこっちが枚数を増やしても打開しようとする。それだけのスピードと技術がある。日本が目指すべきサッカーはそういうところ。背丈も大きいわけじゃないし、技術とスピード。そういうのをやっていけばいい。守備の仕方? みんなが守りに行っても最後のところで足が届かなかったりした。ちょっとしたプレッシャーを与える読みとかね。ブラジルだからね…。思うようにいかないのは当たり前だけど。スタメンはホテルのミーティングでいわれた。巻と初めて? チームのゴールキックの時とか競って1人で負けてつぶされたりしたけど、俺のところにボールが流れてきたりした。ターゲットにはなっていた。  この4年間? まだ整理できていないけど、いろんなことが分かった。日本としてどうやっていくべきなのか。分かりにくかったことも分かった。オーストラリア戦の10分間が悔やまれる? それは分からない。次を目指すうえで必要なこと? そんなに大きくないし、1人1人の技術をもっと上げないと。あとは全員の目が1つになる試合運び。スルーパスが出たりしたときにかみ合わなかったりしていたから。ブラジルは分厚くなるところはできていた。今後は全員が外に出るくらいでやっていくべき。やっぱり個人も外に出ないと。明らかにDFの間合いとか高さとか違うから、そこはタメになったかな。サッカー選手である以上、いつも代表ではプレーしたい。もちろん今回はいいプレーができなかったけど、次に生かすいい材料にしないといけない。あえて切り替えず、また来季に向けて頑張るしかない」

« 2006年6月11日 - 2006年6月17日 | ホームに戻る | 2006年6月25日 - 2006年7月1日 »

関連サイト

アーカイブ

最近の記事

rss.gif
Blog powered by TypePad