Blog Parts

« 2006年8月13日 - 2006年8月19日 | ホームに戻る | 2006年8月27日 - 2006年9月2日 »

2006年8 月26日 (土)

Link: アマゾン、ユーティリティコンピューティングサービスを発表--1時間10セントから - CNET Japan.

「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」と呼ばれるこのサービスは、ウェブアプリケーション開発者を対象としたもので、現在は限定的なベータテストが行われている。

 開発者はこのサービスで提供されるサーバの処理能力を利用し、アプリケーションが要求する処理能力の変化に容易に対応できるようになる。料金は1インスタンスあたり1時間10セントからとなっている。


Link: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる: 子ども兵──「見えない」兵士たち.

 裕福な特権階級の子どもたちは政府軍に入隊する可能性はほとんどなく、仮に連れて行かれたとしても釈放されることになる。つまり、この階級から子ども兵が出ることはまずない。裕福な家庭では、教育を理由に子どもを留学させてしまう。国外にいるかぎり兵役に就く必要はなく、危険が去るまで帰国しないでいることもできる (「世界の子ども兵」p.64より)

 徴収された子どもは、充分な訓練をする場合もあれば、かく乱する「的」として使われる場合もある。「戦闘中はかがむこと」を教わっていなかったため、文字通りAKで体をまっぷたつにされた子どもの話は暗澹とさせられた。一方で、洗脳といってもいいほどの教化法が施された子ども兵も存在する。例えば、
 究極の教化法がある。誘拐してきた子どもたちをすぐに儀礼的な殺人に加担させる方法が普及している。犠牲になるのは、敵の捕虜、新兵の前で殺すためだけに誘拐してきた子ども、ひどいときには、子どもたちの隣人、もしくは親だ。殺害はたいてい公開で行われる。子どもが人を殺したことを地元の人々に知らしめて、二度とかれらの元に戻れないようにするためだ (「子ども兵の戦争」p.109より)


Link: ゆうこりん「浜口…」質問で会見中止 - 芸能ニュース : nikkansports.com.

 会見序盤はレンタル機の話に徹していたが、ゆうこりんが「ラブコメ好きなんです~」と話すと、瞬時に反応した取材陣が「自分自身がラブコメ中ですか?」と質問。ゆうこりんは「全然違います」と困惑。さらに「浜口さんとは…」と畳み掛けられた瞬間、黒スーツ軍団が「会見を中止します!」と声を張りあげ、リポーターのマイクコードを放り投げ、ゆうこりんを連れ去った。開始わずか3分だった。

 ゆうこりんほど「囲み」に慣れたタレントはいない。日刊スポーツの取材予定表(手書き)によると、今年だけでもこれまでゆうこりん出演イベントは15回行われている。これは真鍋かをりの18回に次ぐ回数だ。多くは映画や新製品、イベントのキャンペーンに借り出されたもので、そのたびにまか不思議な名言を残し、マスコミに取り上げられてきた。囲みの後方には必ず主催者のボードやポスターが張られ、キャンペーン効果を上げていた。

 囲み会見は得意芸の1つだけに、それを中止してまで逃走した裏には、触れられたくないほど真剣な恋があることを感じさせた。


Link: ゆうこりん、よゐこ濱口と熱愛発覚.

 同誌によると、2人の出会いは4年前の夏。バラエティー番組の楽屋で、以前から小倉のファンだった濱口から声を掛けたという。バラエティーなどでの共演が重なるうちに、積極的に話し掛ける濱口に、小倉も次第に打ち解けていき、1年ほど前から真剣交際に発展したという。

 同誌は、濱口の自宅近くで愛犬を散歩させる濱口と小倉のツーショット写真を掲載。離れて歩いていた2人は路地に入るとすぐさま手をつなぎ、30分ほど散歩した後、2人は濱口のマンションに入っていったという。

 また、7月中旬に2人で東京・新宿のデパートの紳士小物売り場に現れたとの目撃談も紹介している。

 交際について、小倉の所属事務所では「ノーコメント」の一点張り。一方、濱口の所属事務所は「2人でなく、事務所の人間を含めて大勢で食事に行くことがあり、いいお友だち付き合いをさせていただいてます」とコメントしている。


Link: livedoor ニュース - 「よゐこ」濱口&ゆうこりんが熱愛!.

お笑いコンビ「よゐこ」の濱口優(34)と、タレントの小倉優子(22)の親密交際が発覚した。24日発売の週刊誌「女性セブン」が2人のデート現場を報じている。

 2人の出会いは4年ほど前。その後、濱口が仕事で一緒になるたびに話しかけるなどアタックし、約1年ほど前から交際するようになったという。2人が小倉の愛犬を連れて濱口の自宅近くで深夜の散歩を楽しむ姿や、デパートで買い物をする様子も報じている。

 濱口の所属事務所はこの日、「いいお友達の1人としてお付き合いしています」とコメント。小倉の所属事務所は「ノーコメント」とした。

 関係者によると、濱口はバラエティー番組などで見せる姿同様、気さくで飾らない人柄で、共演した女性タレントにも意外な!?人気を集めている。


Link: ゆうこりん会見打ち切り…よゐこ・濱口の話題にスタッフ“乱入”.

“事件”が起こったのは、囲み取材が始まってから約3分後。TVリポーターが、「濱口さんとは…」と切り出した瞬間だった。突如、男性3人が、会見の輪に割って入った。リポーターのマイクを荒々しく手で押さえつけるなどし、「会見を中止します!!」と強制終了。キョトンとしているゆうこりんを覆い隠すように連れ去り、残された報道陣は、暴挙にア然とするだけだった。

この日はゆうこりんにとって初のロマンス発覚直後だけに、100人以上の報道陣が殺到。主催者サイドは、事前に何回も、「プライベートに関する質問は、一切受け付けません」とアナウンスするなど終始ピリピリムード。熱愛や交際が話題になるのも“旬な芸能人”ゆえ。ゆうこりんに罪はないが、事務所の対応は、あまりに大人げないような気がするが…。


Link: 【業界日記】ゆうこりん“危機管理”の不手際 .

 主催者側の意向はどうあれ、今は会見のやりとりが、すぐにネット動画で流布してしまう。

 突然の中止の後、逆ギレ気味のベテランリポーターたちが、「これを(テレビで)流せばいい」「これが(交際を認めた)答えです」と言い合う様子まで、余さず流れてしまうのだ。

 会見取材した夕刊フジ記者は、「ゆうこりんのキャラを生かして、もっとやんわりと質問を煙に巻けば、印象は悪くなかったはず」と話していた。


Link: asahi.com:映画「ゲド戦記」、原作者がHPに批判的「感想」�-�文化芸能.

 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「原作者の感想として素直に受け止めている。ただ、僕らは原作の精神を生かしたつもりだ。この映画には賛否両論があるが、楽しんで見てもらえればそれが一番です」と話した。

Link: ゆうこりん会見3分で中止…濱口との熱愛報道受けてピリピリムード:芸能:スポーツ報知.

 タレント・小倉優子(22)が24日、都内で行われたDVD自動レンタル機のお披露目記者発表にゲスト出演したが、会見がわずか3分間で中止になるハプニングがあった。

 小倉は24日発売の女性週刊誌で、お笑いコンビ「よゐこ」の濱口優(34)との熱愛が明らかになったばかり。主催者側は「プライベートに関する質問が出た場合は終了とする」とするなど会場はピリピリムード。

 「よくみるDVD? ラブコメかな」と甘い声で答えていた“ゆうこりん”だが、リポーターから「今はラブコメ中? 濱口さんとは…」の質問が飛んだ瞬間、関係者の男性が突如「会見を中止させていただきます!」と登壇。リポーターのマイクをひっぱりながら、小倉を控室へ誘導。わずか3分で強制終了となった。

 熱愛報道について、濱口の所属事務所では「友達付き合いしています」。小倉の所属事務所では「ノーコメント」としていた。


Link: ゆうこりん怒りんこ.

 その後の会見は、小倉の事務所関係者らが鋭い目を光らせるピリピリムードの中でスタート。開始から約3分後、テレビ局のリポーターに「今ラブコメ中ですか?」と突っ込まれた小倉は「はっ? 全然」と不機嫌そうにうつむいた。

 さらに「濱口さんとの熱愛が…」と質問されるやいなや、小倉の事務所関係者数人が「会見中止します!! 中止だ、中止!!」と声を荒らげながら“乱入”。リポーターのマイクのコードを引っ張るなど、荒々しく打ち切った。関係者にガードされた小倉は表情をこわばらせ、口を真一文字に結んで会場を後に。何とも後味の悪い会見に、取材陣からは不満が続出した。


« 2006年8月13日 - 2006年8月19日 | ホームに戻る | 2006年8月27日 - 2006年9月2日 »

関連サイト

アーカイブ

最近の記事

rss.gif
Blog powered by TypePad