Blog Parts

« 2006年9月24日 - 2006年9月30日 | ホームに戻る | 2006年10月8日 - 2006年10月14日 »

2006年10 月 7日 (土)

Link: A4用紙を気合で三折りにする方法 [dh's memoranda].

もっといってしまうと、大量の紙を折っているだけで三折りの折り線は「見える」ようになると思います。人間の感覚は元来とても優れているので、ちょっと訓練をするだけで、特に最初に一気に伸びていきます。また、身体で覚えるという言葉があります。もちろん、人間のやることなので生産性には限界がありますが、自分のもっている感覚をうまく利用することで上がる効率というものも重要です。そして、この感覚により磨きをかけていくと「技」そして手についた「職」になっていく、結局、自分のスキルや価値ってそういうものの積み重ねなんじゃないかと思ったります。

Link: livedoor ニュース - 小倉優子“禁断の質問”で会見即終了.

自身のデザインした携帯電話をアピールし「電話は1人暮らしなので家族にかけたりおばあちゃんにかけています」とご機嫌だったが、報道陣から「濱口さんには?」との呼びかけが飛ぶと、会見はまたもや即打ち切られた。

Link: livedoor ニュース - 事件の主導者は ホリエモンなのか、という疑問.

「ヒルズ黙示録」などの著書がある「AERA」の大鹿靖明記者は、これからの裁判の展開についてJ-CASTニュースにこう答えた。

「堀江被告が主犯とする検察側と、宮内、中村が事件を主導し堀江被告は無罪とする弁護側との壮絶な戦いだ。堀江被告は(先の)海外資産など自分が全く知らないところで進んでいたと言っているが、では、今回の事件全体について何も知らなかったということはないだろう。おそらく、事実は検察側と弁護側の真ん中にあるのではないか」


Link: livedoor ニュース - 編集長からの手紙
ネット調査は世論か?
.

パソコン通信のころからフォーラム、ニュースグループでのリーダーの存在とグループに対する影響力がいわれた。「声の大きな人に引きずられる」「文章のうまい人が勝つ」という調査や研究が報告されてきた。ネットの拡大、隆盛によって、その傾向はさらに強くなっていると思う。「世論」の形成にネット社会の情報が影響を与えるのが、情報化時代の現実である。

Link: livedoor ニュース - Vistaは最低の品質? MS元会長ブログで暴露.

「古川さん、そんなこと(編注: Windows Live Spaceの不具合)を問題にしないでくださいよ。Windows Vistaの品質なんてRC1(出荷予定版の第1版)がレリースされたのに、もっとヒドイんですから…。多分過去出荷したWindowsのバージョンに比べて最低の品質だと思います。だって、出荷版のビルドエラーを起こして、マスターソースがコンパイル・リンクができなくなっちゃたけど、まぁ、良いかってノリでレリースしてしまってるんですから」

Link: livedoor ニュース - 「医療保険は入ってはいけない!」は本当か.

 そもそも医療費がいくらかかるのか、考えたことがありますか。「入院したら何百万円もかかる」なんて話をうのみにしてはいけません。多くの場合、公的な医療保険でカバーできるし、だったら、月々の保険料を貯蓄に回してイザという時に備えた方が合理的ともいえます。

 例えば、全日本病院協会HPの「主な病気で必要な入院期間と医療費」によると、胃がんで28.5日、121万3530円。これは総額で、自己負担金はそのうち3割です。さらに「高額療養費制度」で限度額を超えた部分は後日払い戻されます。もっとも、これには食費、差額ベッド料、高度先進医療は含まれませんが、医療費の総額が100万円かかっても、実際の負担は8万円足らずで済むのです。

 民間の保険料は月々にすれば安く感じるでしょうが、10年、20年単位で考えたら、結構な高額商品です。それなのに広告のコピーに不安をあおられて、商品の中身を確かめもせずに「何となく」加入する。それで「もう一生安心だ」なんていうのは幻想に過ぎません。しかも、医療保険によっては、入院しても「給付金」がもらえない場合もある。イザという時に使えず、保険料の支払いに家計が圧迫されるようでは本末転倒だし、お金のムダでしょう。

 日本の公的な医療保険は世界的にもまれな優れた制度です。ところが、10月1日からは高齢者医療の負担増など、規制緩和という大義名分で、どんどん制度が崩されています。それで本当にいいのか。CMに踊らされてサイフを開いてしまう前に、考えるべき問題があるはずです。


Link: livedoor ニュース - 塩崎官房長官 辞めた秘書が11人の真相.

 馬場さんはなぜ、塩崎の下を去ったのか。

「僕はそもそも自民党支持者じゃないんです(笑い)。塩崎とも思想信条で相いれない部分が多い。秘書時代は24時間365日、塩崎に尽くしましたが、結局、自衛隊のイラク派兵に反対して辞めました」

 安倍内閣は憲法改正に意欲的で、集団的自衛権の拡大解釈にも踏み込もうとしている。

「彼はベトナムの反戦運動にも参加していた男です。平和主義的な考えや、不公平に対する憤りを持っていると信じています。ただ、安倍総理がキナ臭い方向に舵を切った場合に、思想信条よりも職務や使命を優先しかねない生真面目さが塩崎にはある。そうした時に批判の矢面に立たされて、弁慶の立ち往生にならなければいいのですが……」


Link: セコンドは桜庭!金子賢に強力援軍 - livedoor スポーツ.

 過激な発言は金子の耳にも届いていた。それでも出ると決めた以上は「批判は受け止めないといけない。(批判をなくすには)自分が練習して強くなるしかない」と前を向いた。打撃系は魔裟斗、寝技系は桜庭が先生。試合当日セコンドにも付く桜庭は「昨年を10とすれば今年は100ぐらいの力がある」と成長を認め「一生懸命練習しているのに(批判されるのは)ちょっとかわいそう。たまたまテレビの仕事をしていただけでしょう」と擁護した。

Link: livedoor ニュース - 日中お土産考:値札を残すことで伝わると考える誠意.

中国へ帰国するためにデパートにお土産を買いにきたのだろう。いくらのものを買って帰るか。問題は値段である。中国ではお土産の金額がイコール誠意をあらわす。

 従って、値札は残しておかなければならない。値札がなければ金額がわからない。金額がわからない、とはわざと金額をわからなくしたということだ。金額を知られたくないということだ。つまり安物に違いないとなる。それゆえ、上のような会話が生まれるのである。

 日本人にはちょっと考えられない。もちろん、中国全土がこうだというのではない。この客人は、たずねたところ東北出身ということだった。北方ではこういう習慣があるらしい。また南北を問わず、知識階級とかそれなりの階層ではこういうことは見られないだろう。

 日本人もよくお土産を買う。親戚にあげたり、職場の仲間や隣近所に配る。しかし、われわれのそれは温泉まんじゅうとかの菓子類が主で、本当にしるしばかりのものだ。「あなたのことを忘れていませんよ」という気持ちである。

 一方、中国のそれはビデオカメラであったり、高価な化粧品であったり、文字通り“礼物”(礼を尽くしたもの)である。

 プレゼントの金額を示すということは、相手に何かをしてあげることを悪びれないということだ。これだけあなたのためを思っていますよ、ということを堂々と表す。精力もお金も費やしましたと相手に言う。それでこそ真心が伝わると考える。誠意のストレートな表現である。


Link: 伊東美咲、凛々しい“和装姿”で個人レッスンを受けたのは!? CONFIDENCE ランキング&ニュース -ORICON STYLE-.

 昨年6月に放送され好評だった彼女と落語家、桂歌丸の2人が今回も登場。お稽古事を題材に伊東が歌丸に弓道を“個人レッスン”するという設定。凛々しい表情と、その和装はとても新鮮だ。

 人生初めての“弓道体験”に伊東は「とても筋肉痛になりました。でも、素敵な内容に仕上がっていますよ!」と笑顔。


« 2006年9月24日 - 2006年9月30日 | ホームに戻る | 2006年10月8日 - 2006年10月14日 »

関連サイト

アーカイブ

最近の記事

rss.gif
Blog powered by TypePad