Blog Parts

2007年5 月25日 (金)

遺伝情報運ぶたんぱく質、「歩く」仕組みを早大チーム解明 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

Link: 遺伝情報運ぶたんぱく質、「歩く」仕組みを早大チーム解明 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 このたんぱく質は「ミオシン5」で、大きさは1万分の1ミリ程度。細胞内で、遺伝情報を担っているリボ核酸(RNA)などを運ぶ役割をしている。逆V字の形に開いた2本の足のようなパーツを持っており、その足を使って、まるでレールの上を進むように、細胞内の線維上を一定方向に移動していく。

 木下教授らは、その足に目印となる大きなたんぱく質を結合させた上で、顕微鏡を使ってビデオ撮影し、その動きを詳しく調べた。

 その結果、ミオシン5はまず、両足が分岐する「股(こ)関節」部分を前に押し出すことで、線維にくっついている「後ろ足」を線維から離していた。次に、線維から離れて自由に動くようになった「後ろ足」に、水分子が衝突して、「後ろ足」が回転。その結果、「後ろ足」は前方の線維に着地していた。これを交互に繰り返すことにより、約2分間で2000分の1ミリの距離を「歩行」していた。



ホームに戻る

前の記事:内科、放射線科…連携が力 : 医療ルネサンス : 医療 : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

次の記事:GraphicConverter:定番!ピクチャーを多数のフォーマットやプラットフォーム間で変換することができます。 | Bridge 1 Software

関連サイト

アーカイブ

最近の記事

rss.gif
Blog powered by TypePad