Blog Parts

« 2008年7月20日 - 2008年7月26日 | ホームに戻る | 2008年8月3日 - 2008年8月9日 »

2008年8 月 1日 (金)

Link: あの破滅型ハッカーが描いてた、さらにヤバい計画の中身 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ.

捜査当局では自分より能力・専門知識が劣ると思ってる上司たちの鼻を明かすためやったのではないか、と見ています。

<略>

いくらなんでも彼1人に任せとくのはマズいんじゃないかと市の上層部が心配し始めた辺りから反抗するようになったそうです。


Link: ソフトウェアさかば: エクセルでカーソルキーがおかしくなる.

ここのところエクセル(Microsoft Excel)がおかしくなっていました。カーソル(矢印)キーを動かしてもセルが移動せず、スクロールしてしまうのです。セル移動するだけなのに、マウスを使わなければなりません。エクセルの設定を見ても関係しそうなものはありません。

実はこれは、プリントスクリーン(PrtSC)の横辺りにあるScrLk(スクロールロック)が効いていたのです。


Link: [mixi] 履歴書に嘘発見、人事担当者の約半数(ITmediaニュース).

 また、採用責任者に「これまでで一番とんでもない嘘」は何だったか尋ねたところ、「ケネディー家の一員を自称」「他人の写真付きで履歴書を提出」「時間給労働者だったのにCEOと書いてあった」「生まれる前にあった戦争に参加したと主張」「100%白人なのにヒスパニック系を自称」「自称元プロ野球選手」といった答えが挙がったという。

2008年7 月31日 (木)

Link: 1984年生まれの見た世界 - どすぐろく怠惰な嘆息.

冴えない青年は綺麗な女性を助けて本になって皆に読まれた。その頃大学内で「それっぽい」奴は「萌えってどういう意味?w」だの「お前の時代来たぞw」とかからかわれていた。

Link: 1984年生まれの見た世界 - どすぐろく怠惰な嘆息.

シンプルで、どことなくおしゃれなデザインだが書いている内容は気持ち悪いものが多い気がした。

Link: ボクシング:亀田興毅選手の登場 TBSに批判90件 - 毎日jp(毎日新聞).

 世界ボクシング評議会(WBC)世界フライ級タイトルマッチで30日夜、防衛に成功した内藤大助選手の試合終了直後に、亀田興毅選手がリングに上がったことについて、中継したTBSに、「なぜ亀田選手がリングに上がっているのか」などと批判する電話が約90件寄せられた。同局広報部によると、「演出ではなくハプニング」と説明している。

Link: Twitter / masuidrive: @mshk 私も何度もそうなったので、Home押しなが....

Home押しながらPCに接続してファームを上書き

Link: らばQ:花嫁の母から誘惑されたその結末は….

その時その場所で、僕は重要な教訓を得た。

コンドームは必ず、外の車の中に備えておくのが良い、と。


Link: フットボール(サッカー・フットサル等)にまつわるあれこれ: パス、その3。発想の転換.

・・・ゲームの中で何を考えてプレーするのか? 「論理性と非論理性」 論理性・・・システムやセオリーに従ったプレー。 非論理性・・・フィールドに出すべき答えを見出すプレー。

非論理性を裏付けるのは、本能。
自分が感じたままにプレーする。
わざと、平凡なパスを出す。
間違った場所と知りつつ、パスを出す。
全ては、次に起こるより決定的な場面のために。

 組み立てが、単調になることを避けるためにだそうです。
曰く、全ての攻めのアクションがゴールに結びつくなんてあり得ない。
だから、全てのゲームメイクを完結させる必要はない!

<略>

 すると何が起こるのか?
どんな現象が、変化が起こるのか?
相手DFに油断が生まれるのです。
(こいつは、怖くない。)対面した相手DFにそう思わせる。

 すると、次にピルロがプレーする時にも、相手DFには油断が見られるかもしれない。
平凡なプレーの残像が残り、相手DFの出足をわずかでも遅らせれる。
その瞬間をピルロは見逃さない。
ズバッと決定的な縦パスを通してしまう。

<略>

 ピルロが起こす、発想の転換。
そういった目で、もう一度彼の試合を観てみたいと思います。
どこで、わざと相手DFをだまそうとしているのか?
どんなエサを捲いて、いつどこで喰いつかそうとしているのか?

 わざとミスをする、平凡なパスをするという、発想の転換。
それは失敗を積み重ね、ようやく身につけたもの。
彼は、過ちを犯した状況を鮮明に覚えているそうです。
データベースされているからこそ、同じ過ちは起こさないそうです。
クリエイティブなプレーの影には、たくさんの良い失敗と、トレーニングが隠れている。


Link: [mixi] 内藤大逆転KO!大みそか興毅戦も(デイリースポーツ).

突然の出来事だった。劇的な逆転KO勝利を収めた内藤がリング上で勝者インタビューを受けている最中、観戦していたはずの興毅がいきなりリングイン。内藤の右腕を上げ勝利を称えた興毅は王者の耳元で「次は俺とやろう」とささやいた。内藤は「“やって下さい”だろ」と年上に対する言葉遣いを指導すると、興毅が「やって下さい」と言い直し、両雄はがっちり握手を交わした。

« 2008年7月20日 - 2008年7月26日 | ホームに戻る | 2008年8月3日 - 2008年8月9日 »

関連サイト

アーカイブ

最近の記事

rss.gif
Blog powered by TypePad